Posts categorized "コネタマ"

November 27, 2010

名シーンですか

ブログネタ: イチオシ! アニメで感動した“名シーン”を教えて参加数拍手

わりと、懐かしく見るものって簡単に涙腺が決壊してしまうほうなんですが…

やっぱ、Gガンダムの兄と師匠の最期かなぁ。
つか、あれ見て泣かないようなのは人間じゃないと思っていますから。

| | Comments (14) | TrackBack (0)
|

November 02, 2010

私はこっち

ブログネタ: 究極の選択! 映画館でどっちなら耐えられる?参加数拍手

映画館での他人のおしゃべりほどウザいものはない。死ねばいいのに。

| | Comments (10) | TrackBack (0)
|

October 29, 2010

信じられんネタだ

本って本屋で買うものじゃないの?

まぁ、最近のネット通販は本当に何でもあるという状態に近いのですが、私は手にとって買いたい人なんで、ネット通販はよほどのことがない限り利用しません。

ブログネタ: 「書店」vs「ネット」、あなたはどっちで本を買う?参加数拍手

| | Comments (72) | TrackBack (0)
|

August 31, 2010

まぁ、ライトな方向ではありますが


ブログネタ: 「これだけは読んでおけ!」と思う本は?参加数拍手

私がお勧めしたいのは、R.A.ハインラインの「宇宙の戦士」と、新谷かおるの「エリア88」ですか。
どちらも、私の学生時代「義務教育」と呼ばれたくらいのタイトルです。

| | Comments (32) | TrackBack (0)
|

July 30, 2010

野球マンガときたら、


ブログネタ: 野球マンガといえば?参加数拍手

「逆境ナイン」(島本和彦)が筆頭です。
冒頭でいきなり「廃部」を宣言された野球部キャプテン・不屈闘志は、野球部存続をかけて「甲子園優勝」という大ハッタリをかます。そこから始まる逆境の数々をどう乗り越える?といった内容で、まぁ悪いことは言わないから読め、とだけ言っておきます。

とにかく、セリフが熱いんです。
「それはそれ、これはこれ!」
「確かに、井戸の蛙は海を知らなかったかもしれない。だが、通用しないとはいっていない!」
「出来る男は振り返らない!目標を達成した瞬間、次の目標が見えてしまうからだ!振り返っている暇など、ない!」
「若いうちは増長もよし!」

島本節とでも言いましょうか、あまりにも勢いがありすぎ、ありすぎて本来説得力のない内容でも納得させられてしまう、そのパワーが特にすごい。まぁ…読め、とだけ言っておきます。

玉山鉄二主演で映画にもなっています。1回だけだと引くかもしれませんが…2回見たらハマります。マジで。

ところで最近、高校野球でとんでもない点差の試合をたまに聞く(いや、見ないから)けど、そこから逆転したらすごいよね、逆境ナインの122対3(だっけ?)からの逆転のように。

| | Comments (9) | TrackBack (0)
|

July 24, 2010

決めセリフ、ねぇ…


ブログネタ: アニメの決めゼリフや名言、お気に入りを教えて!参加数拍手

正直に言うと、こういう設問ってすごく難しいんだよね、年寄りには。どのくらい遡っていいかわからないし(ココログだと年齢層広いからそれほど気にしなくてもいいんだろうけど)、あまりに昔のタイトルだと、そのセリフが正確なのかどうかも確認しようがないし。たまにいるんですよ、一字一句合っていないとクレームつけてくる人とか。

まぁそんな訳で、最近のものから。

「拙者にときめいてもらうでござる」

刀語から、錆白兵の決めセリフ。他の人が言うとギャグにしかならない(七花は「悲惨」といってるくらい)けど、緑川光の声で錆白兵が言うと決まるんですよね、これが。
なにしろ、本編中では2回しか出番がなかった上に、主役となるはずの第4話では、巌流島での決闘のシーンは前回の予告編のみ(本編での出番なし)という、あまりにもな扱いだったのが、なんだかなー、という。

ヤマト世代としては、松本零士作品の名言のひとつでも上げたいところですが、何しろ多すぎるんですよね。
特にハーロックとかデスラーとか。

「男なら、危険を顧みず、死ぬとわかっても、行動しなければならない時がある。」

銀河鉄道999より、キャプテンハーロックのセリフ。本編のセリフと微妙に違う(本編は「わかっていても」)のはこれが予告編で池田秀一が当てたセリフだから。…いや、マジでシャアの声でしゃべってるんです、ハーロックが。

「長官、これは…ハイテロン爆弾です、間違いありません!」
ヤマトよ永遠にから、真田さんのセリフ。ヤマトはもう、この頃になると突っ込みどころ満載としか言いようがないのですが、他所の惑星の技術で出来た兵器を見ただけでわかるという真田さんの能力と、それを信じてしまうほどのまわりのメンバーというのは、もうね…まぁ、真田さんの能力を全面的に信用しているという描写なんでしょうけど。
ついでに、記憶違いでなければ「こんなこともあろうかと!」というセリフは真田さんに関しては言っていないはずです。あれは、ウルトラマンのイデ隊員のほうじゃないかな?

| | Comments (12) | TrackBack (0)
|

June 22, 2010

つい買ってしまうもの、


ブログネタ: コンビニでつい買ってしまうモノは何?参加数拍手

そんなものはない。
つか、コンビニって高価いんだもん…。

| | Comments (31) | TrackBack (0)
|

June 01, 2010

好きなゲーム「機」ですか


ブログ学園

ブログネタ: 【ブログ学園】あなたの好きなゲーム機教えて!参加数拍手

気に入りさえすれば何でも、というのが私ですので、選択肢では「そのほか」とさせてもらいましたが、メインは家庭用ゲーム機、XBOX360です。

というか、アーケードゲームは昔ほどやるタイトルがないし、携帯ゲーム機はこれだというタイトルがイマイチ少ないし、パソコンゲームはオンラインものはともかく、今の国産PCゲームってえろげばっかだし(嫌いとは言わない)。

| | Comments (35) | TrackBack (0)
|

May 18, 2010

ブルース・ウィリスの映画


ブログネタ: ブルース・ウィリス出演映画で好きな作品は?参加数拍手

「ダイハード」かなぁ。そんなにこだわりはないし、DVDも持ってないんで説得力ないですけど。

手元には「フィフスエレメント」と「アルマゲドン」があるんですが、前者は見てないし(ヲイw)後者はドラマとしてはともかく、突っ込みを入れようと思えばいくらでも突っ込めるくらい考証の方がいい加減なので、そんなに好きじゃないんです。

| | Comments (15) | TrackBack (0)
|

May 13, 2010

生き方というか、考え方を変えた映画


ブログネタ: あなたの生き方を変えた映画は?参加数拍手

「12人の怒れる男」。私の場合、この映画が筆頭に来ます。
最初に見たのは深夜番組だったのですが、偏見がいかに厄介なものか、というのを見せ付けられました。

さすがに、今見ると突っ込みどころもあるのですが(陪審員に黒人がいない、とか)、作られた時代を考えるとそれも仕方ないのかな、と。
舞台はずっと裁判所の陪審員室。アクションなし、女っ気なし、ただ12人の陪審員が話しているだけの内容なのですが、当時、そういう映画を知らなかった私にとって、この映画はいろいろと衝撃でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|