Posts categorized "映画・テレビ"

July 01, 2010

スタートレックDVD

劇場公開から1年、DVD発売からほぼ半年経っているのに、近所のレンタル屋ではいまだに準新作扱いなので、「どうせ最初から買うつもりだったし」ということで、買ってきました。

内容は、劇場公開の時に見たのと同じ、今までに見た、どのスタートレックよりも面白かった。でもなぁ、このディスク、どうなってるんだか…

私はDVDをPCとGOM PLAYERで再生しているのですが、とにかく認識に異様に時間がかかる上に、妙な音すらするんだよなぁ…初めてドライブにセットした時は、故障かと思った。
GOM PLAYERで「前回の続きから再生」しようとすると、フリーズするし…なんか変な仕掛けがしてあるんじゃないのか、これ?
そして、セル版のDVDなのに、「COMING SOON」、いわゆる別の映画の予告編が最初に再生されるというのは、どうしたものだろう。そんなものが見たくてソフトを買ったんじゃないんだが。

最近のレンタルのDVDの広告の多さには辟易しているけど、セルDVDでそれはやめて欲しいというのが正直な本音。もっと言ってしまえば、最初の権利やらなにやらの警告画面。あの、飛ばせないやつ。あれを、最初に入れるのもやめて欲しい。そんなものが見たいんじゃないんだから。

そういう意味では、EVA破のDVDはよかった。最近出たタイトルじゃ、ディスクをセットしていきなり本編が始まるのって、これくらいだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

August 08, 2009

ファンタスティック4を見た

以前、レンタル落ちのDVDを安く買ってそのままにしていたファンタスティック4を再生してみました。
以外に面白かったかな、と。

1作目ということで設定説明な部分がやや多いかな、という気がしますし、内容がそれほど濃い、というのは感じませんでしたが、これは特に深刻に悩むキャラがザ・シングくらいでしたから、それはまぁ仕方ないかな、と。
やっぱ見た目が大幅に変わってしまっていますし、奥さんに逃げられてしまっては、ねぇ。
ヒューマン・トーチのあっけらかんすぎなキャラクターもあって、途中大丈夫か、と思うところもありましたが、結局は気の持ち方次第、という事で。…その一言で解決するのもどうかと思うけどね。

原作もそうなのかは知らないけど、全体的にこの作品、悲壮感がないのね。X-MENのように人類と対立しているわけではないし、むしろヒーローとして受け入れられているし。
ドクタードゥームの、体が金属に置き換わっていくという設定も、人間としての形は残っているからスタートレックのボーグのような不快感もないし、「鉄男」みたいな異形感もないし。
本当に、アメコミの明るいところを集めたような作品なのかな、と思えます。

それにしても、4人ユニットというとどうしてもこんな形になっちゃうのかな。つまり、頭脳派、肉体派、お調子者、紅一点という。5人ユニットだとこれにニヒルな奴が入るんだろうけどw

なんにせよ、楽しめるタイトルだったんで2作目のシルバーサーファー編も近いうちに見てみようかと思っています。しかし何故サーファー…?

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

March 13, 2006

ダース・ヴェイダーのこと

先日、スターウォーズ・EP3のDVDを(ようやく)買ってきて、見たところです。
で、その吹き替えのことで…。

私、スターウォーズのシリーズは1作目の劇場公開からチェックしており、TVで放送(松崎しげるのハン・ソロのも)したのも含めると何回見たか覚えていないというものなのですが、ダース・ヴェイダーの吹き替えだけは、どうにも納得がいっていませんでした。

それにようやく納得がいったのは大平透版です。割と最近の吹き替えで、日曜洋画劇場のものだったと思います。まさか「スターザンス」のダース・ベーローを思い出す人はほとんどいないと思いますが、それつながりなのかな…。
まぁ、悪役の一面と、「親父」としての貫禄も持ち合わせていますから。あの声は。

ですが、EP3のアナキンが、あのマスクをつけたとたん大平透声になるのはさすがに違和感が…。マスクのせいで声が変調されていると思えばいいんですが、やっぱりなんだかな~、というのが正直な感想です。

ついでに、もう1つショックだったこと。最初にあらすじが流れていくオープニングですが、日本語にするとそのオープニングまで日本語になっているという…これだけは勘弁して欲しかった…。

| | Comments (13) | TrackBack (0)
|

March 05, 2006

ビデオライブラリ

最近、昔録画したビデオテープのキャプチャーをやっているのですが、時々すごいものが見つかります。
今日キャプった物の中に、ソビエトの月ロケットN-1と着陸船の映像が見つかりました。

…不気味悪…

n1
これがN-1ロケットなのですが、一体ノズルいくつあるの…これだけのロケットを全部連動させるわけ?
しかも、ロシアのロケットって基本的に横倒しにして運ぶんでしょ?これもそうやって運んだの?そんな頑丈なのか、これ?

そしてもう1つが、
moon
ロシアの月着陸船。一人乗りで、母船からは船外活動で乗り移るそうです。マジデスカ…。
なんかアポロより重心高そうだし、万一コケたら終わるぞこれ…。

| | Comments (6) | TrackBack (0)
|

November 20, 2005

見てきました

仮面ライダーTHE FIRST

 いやも~、血が沸く。タイトル画面の、シルエットのライダーがジャンプ、後ろで大爆発。これだけでもう、「キター!これで決まりだー!!」です。(なんでも今は消防法の関係で仮面ライダーV3のOPのような大爆発はやったら即逮捕だそうで)
何よりも、時々冗談で言っていた「怪奇バッタ男」がついに見られたんですから、もう言うことないっす!

 そうなんですよ、TVシリーズでは脳改造をされる前に脱走したから「ショッカーの手先の改造人間」として活動するシーンはなかったんですね。それがこの映画でついに見られた…いや~、感無量。

 デザインもなかなか。オリジナルのデザインを踏襲しつつ(これが大事)、今風にアレンジされているという点や、「変身」ではなく強化服を装着するというコンセプト。そう、「改造されている」から、変身していなくても常人よりもはるかに力は強いんですが、強化服をつけることでその能力を最大まで引き出すという設定。一応TVシリーズにも思わず蛇口をねじ切ってしまうという描写はあったんですが、今回のほうがずっと重く描かれていて、なかなか。

 デジタル出演とはいえ、天本英世、いや、死神博士がまた見られたのいうのも。…私にとってはショッカー大幹部と言えば地獄大使なんですが、あのデザインのまま出すわけには行かなかったんでしょうね、さすがに…。その辺、死神博士なら普段はあの格好ですから今出てきても違和感ありませんし。しかし、死んでからも仮面ライダーに出演するとは思わなかっただろうなぁ、月見の銀二(もしくはプロフェッサーK、ドクターフーでも可)。

 それにしてもあの終わり方。いかにも、「もうちょっとだけ続くんじゃ」と言いたそうな…反応がよければ続編やるぞ、という事ですかね。むしろ、それを期待したい。

 個人的には、パンフレットも推しておきたいと思います。正直言って高価いんですが(1000円)、島本和彦氏の描き起こしイラストが見られるというだけで、それだけの価値はあります。

公式HPはこちら。

| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

April 16, 2005

エイリアンVSプレデター

正直言って劇場公開時は大して興味をもっていなかったんですが、もともとはプレデター2で、宇宙船の中にエイリアンの頭蓋骨が飾られていたのがきっかけだったそうですね。当時の私はプレデターって、イロモノとしか思っていなかったから、まともに見ていなかったんです。そうと知っていたら…。
とりあえず、プレデター2のDVD買ってきました。ヒマな時にでも見てみます。
エイリアンは4は未見。あそこまで来ると、どうだかな~という気もするのですが…実際のところ、どうなんでしょ。

クイズマジックアカデミー2:
現在大魔導士5級。なんでも先日のバージョンアップで、賢者クラスは第1,2次予選で脱落すると経験値減少、ランク落ちというのもありえるそうで…。まぁ、1作目は獲得したメダルの枚数でランクが決まったそうですし、負ければそのメダルは没収されるというシステムだったということですので、それに近くなったのかな。
1作目の時はダメな人はマジで「ずっと」下っ端だったそうですから、それよりはマシということでしょうか。

ひくらしのなく頃に:
何でも、コンシュマー移植が決まったとか…正直言って、やめてくれとしか言えませんね、個人的には。
同人だから成功した作品と思っていますし、コンシュマーの、やってればとりあえず解決するのがあたりまえの土壌で、あのシステムは酷なんてレベルではすまないと思う。ボロクソに言うやつ、必ず出てくると思っています。

| | Comments (8) | TrackBack (0)
|

March 07, 2005

吹き替えに思うこと

はじめまして。流行に流されて、BLOGをはじめることにしました。
以後お見知りおきを。

基本的には、思ったことをつらつらと書いていくだけのページですが、たぶんゲーム関係の話題が中心になると思います。

で、さっそくゲームとは関係ない話題ですが…。

ミュージカル系の映画のDVDを見ていると、時々「?」となるものがあります。
特に子供向けのものに多いのですが、歌まで葺き替えているというのが、ちょっと…。

昔からTVで映画を見ていると、セリフは吹き替えでも歌は字幕という構成のものが多かったんですね。
それになじんでしまっていたんで、違和感が…。
「アラジン」などは、ストーリーの関係で都合の悪いところもあるんでしょうけど、
なるべく歌だけは吹き替えではなく強制原語の仕様でやって欲しいと切に願います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|